softgraund_top

厚み・チップの種類・表面処理の違いよる4種類の仕様

softgraund_top2

カラー・粒径等をオーダー可能な、豊富なカラーバリエーション

softgraund_top3
softgraund_top4

更なる衝撃吸収性

softgraund_top5

カラーチップEPDM ・ヒジキゴムSBRの2層構造により、ゴムの持つ弾力性、衝撃吸収性などの機能を高め、脳に深刻なダメージを与えない衝撃吸収性能を有しています。

遊具マット評価グラフ

softgraund_top6

《臨界高さ》HIC(頭部損傷係数)が1000を超えない最大落下高さを「臨界高さ」と定義し、自動車の衝突安全基準にも用いられ、人体に対する衝撃値の目安とされています。「臨界高さ」以下の落下であれば脳に深刻なダメージは無いとされています。。

softgraund_top7
softgraund_top8

優れた環境性能

適度な反発弾性、透水性に優れ、水たまりが出来にくく滑りにくい等、公園施設・遊歩道・遊具周り等、様々な用途でご利用いただけます。

softgraund_top9
softgraund_top10

カラーサンプル

カラーチップとリサイクルチップの混合比率を変えることで様々な色合いをご提案いたします

softgraund_top11
softgraund_top12

高性能アクリルウレタン赤外線反射塗料し、表面温度を抑制

softgraund_top13

特殊顔料の採用により、標準トップコート塗料と比較し、大幅に表面温度を低下させることが出来ます。
屋上ウレタン防水層に塗布した場合、表面温度を最大で15℃低下させることが出来、防水層の劣化防止効果も期待できます。
また、この塗料は弾性塗料ですので、プールサイド・ジョギングコース等の弾性舗装の保護、カラーリングに最適ですので、炎天下でも快適にスポーツを楽しめます。